キャッシング

キャッシングの審査とは?

キャッシング会社は利用者から申し込みを受け付けするとすぐに審査を行います。
貸したお金が(利息を含めて)きちんと返済されるかどうか、利用者にその能力があるかどうかを判断するのが審査の目的です。

 

審査基準は一般的に公表されず、またキャッシング会社により基準が異なります。
しかし審査の目的を考えてみると、ある程度どのような基準で行われているのかを想像することは可能でしょう。

 

キャッシング審査基準のポイント

では実際の審査基準のポイントとはどのような点にあるのでしょうか。
審査は申込書に記載された利用者の「属性」を判断することで行われます。

 

属性についての具体的内容を考えてみましょう。

 

年齢

一般的に公表されない審査基準の中でも、年齢だけは明確に公表されています。
キャッシングの商品案内などには、利用できる対象者として「年齢20歳以上、65歳(会社によっては69歳)」以下の方」と明記されています。

 

年齢20歳未満の未成年はキャッシングの利用はできません。
未成年に対する金銭契約は保護者(親)の同意が無い場合、無効となるリスクがあります。

 

65歳(もしくは69歳)以上の高齢者の方もキャッシングは利用できません。
高齢者の方はキャッシングの利用途中で、残念ながら亡くなってしまうというリスクがあります。

 

これらのリスクを回避する目的で、キャッシングの利用には年齢制限を設けています。

 

収入

キャッシング審査と聞くと「収入の多さ」が重要と誰もが思うのではないでしょうか。
確かに「収入が多い点」は審査でも大きく影響してきます。

 

ただしそれ以上に重要視される点は「収入が安定」していることです。
毎月の収入の上下が大きい場合には、審査では不利となることもあります。

 

逆に毎月コンスタントに一定の収入を確保できる場合には、審査でも高い評価を得ることができます。

 

勤務状態

「安定した収入」が審査のポイントとなる以上、「勤務状態」も重要視されることになります。
一般的には、大企業→中小企業→零細企業の順で評価が行われます。

 

官公庁に勤めている公務員は最も高い評価を得ることができます。
逆に零細企業の経営者や個人事業主などは、審査でも厳しく判断される傾向にあります。

 

勤務形態

一般的には、正社員→派遣社員→パート・アルバイトの順で評価が行われます。
最近のキャッシングはパートやアルバイトの方も利用できる商品が増えていますが、審査面では厳しく判断される傾向にあります。

 

勤続年数

同じ会社に長く勤めていると高評価を得ることができます。
逆に収入自体が多くても転職を繰り返している場合には、審査でも厳しく判断されることもあります。

 

一般的には、企業で1年以上の勤続年数、個人事業主は3年以上の開業年数が必要とされています。

 

居住形態

一番高い評価を得ることができるのは「自己の持家」、その次に「家族の持家」となります。
ただし賃貸であっても他の属性に問題なければ致命傷とはなりません。

 

この他「電話形態(固定か携帯か)」「家族構成」「居住年数」などが審査属性として評価の対象となります。

 

個人信用情報

利用者の属性とともに審査で大きなポイントとなるのが「個人信用情報」です。
キャッシング会社が加盟している個人信用情報機関の保有する情報は、審査の可否に大きく影響してきます。

 

その内容は次の通りです。

 

他社の借入状況

他社でたくさん借入を利用していると、それだけ返済能力が少なくなります。
とくに「総量規制」の影響を受けるキャッシングでは、年収の3分の1を越える借入はできません。

 

また金額自体が少なくても、借入先が多ければ(細かい借入をたくさん利用している場合)審査でも不利に働きます。
当然借入の返済が遅れている状況では、まず審査に合格することはできないでしょう。

 

事故情報

過去に長期の延滞(概ね3ヶ月以上)や債務整理(自己破産や民事再生)を行っている、いわゆる「ブラック」の状態です。
これらの情報は5年以上は個人信用情報機関に保存されます。

 

この期間はキャッシングの審査だけでなく、クレジットカードなどの利用もできないと考えておきましょう。

 

直近の借入申し込み状況

借入実績だけでなく、単に「申し込みを行った情報」も対象となります。
直前にたくさんの会社に申し込みを行っていると、それだけで審査に不利に働きます。

 

「お金に困っているのでは」
「一気に借りて逃げてしまうのでは」

 

このような疑念を持たれると、まず審査には合格できません。