キャッシング

キャッシングの利息とは?

キャッシングでお金を借りるのに一番気になるにが利息の問題でしょう。
キャッシングを提供する側としても利息が利益源となるだけに仕方のないところです。

 

まずは利息とは何なのか考えてみましょう。

 

利息とは「手数料」のこと

キャッシングにおける利息とは、お金を借りる場合の「手数料」といえます。
一定期間お金を借りるかわりに「利息」という手数料を支払うわけです。

 

そして借りたお金に対してどれだけの利息が発生するのかを決めるのが「金利」です。

 

金利の表現には「年利」「月利」「日歩」などがあります。
それぞれ借りたお金に対して「1年間で何%」「1ヶ月で何%」「1日で何%」の利息が発生するのかを示しています。

 

このうち現在のキャッシングでは通常「年利」が用いられています

 

また法律上は「実質年利」を使用することが求められています。
個人ローンでは利息以外に様々な手数料が発生することがあります。

 

「事務手数料」「ローン保証料」といった各手数料を利息以外に支払わなくはいけません。
キャッシングで用いられる「実質年利」とは、これらの手数料を全て含んで計算する、というものです。

 

利用者側としては、費用負担が分かりやすいといえるでしょう。
ただし提携ATMの利用手数料などは別途負担する必要があります。

 

「実質年利」ではなく単に「年利」とだけ表示されている金融業者には注意しなくてはいけません。
一見低金利に見えますが、利息以外に多額の手数料などが請求される恐れがあります。

 

金融営業に関する法律を順守していない、いわゆる「ヤミ金」である可能性が高い業者です。
暴力団関係者が出入りしている事務所もありますので、決して関係をもたないようにしましょう。

 

利息の計算方法

実質年利を用いた利息の計算は、以下の式で求められます。
・利息=借りた金額×金利(実質年利)÷365日×借りた日数

 

例えば実質年利15.0%で30万円借りて1ヶ月(30日)で返済するときの利息は次のようになります。

30万円×15.0%÷365日×30日=3,698円

 

30万円を実質年利15.0%で借りて翌月に一括返済する場合には、借りた元金30万円にあわせて利息3,698円を支払う必要があるということになります。

 

次に、この30万円を毎月6万円元金均等で返済するケースを考えてみましょう。

 

1ヶ月目

借入残高は30万円なので、利息は30万円×15.0%÷365日×30日=3,698円。
これに返済する元金6万円を合わせて、63,698円を返済する。

 

2ヶ月目

借入残高は24万円なので、利息は24万円×15.0%÷365日×30日=2,959円。
これに返済する元金6万円を合わせて、62,959円を返済する。

 

3ヶ月目

借入残高は18万円なので、利息は18万円×15.0%÷365日×30日=2,219円。
これに返済する元金6万円を合わせて、62,219円を返済する。

 

4ヶ月目

借入残高は12万円なので、利息は12万円×15.0%÷365日×30日=1,479円。
これに返済する元金6万円を合わせて、61,479円を返済する。

 

5ヶ月目

借入残高は6万円なので、利息は6万円×15.0%÷365日×30日=740円。
これに返済する元金6万円を合わせて、60,740円を返済して完済

 

このように返済時点での利息を計算して返済金額を決めるのがキャッシングの基本的な考え方です。
ただしこのケースは「毎月6万円の元金均等返済」という「返済方式」によるものです。

 

返済方式の違いで、同じ借入金額、同じ金利でも毎月の返済金額が異なってきますので注意しましょう。

 

キャッシング会社のホームページでは、借入金額や金利を入力して返済金額を算出するシュミレーションツールが準備されています。
借入前に必ず確認し、きちんとした返済計画の立案に役立てるようにしましょう