キャッシング

キャッシングの意味とは?

急な出費、手元のお金が足りない場合に役立つのが「キャッシング」です。
日本でキャッシングを利用されている方は、1,300万人以上おられるといわれています。

 

実に国民の10人に1人以上の方が利用されている「キャッシング大国」と表現する方もおられます。
すっかりわたしたちの生活になじんている存在といえるでしょう。

 

キャッシング」とは個人向けの小口融資のことです。
個人向けですので、法人や個人事業主の営業資金としては利用できません。

 

またパチンコや競馬などのギャンブルや、株式投資などの投機性資金としての利用も禁止されています。
借りることのできる金額は数十万円単位から数百万円単位の小口ですが、中には1千万円以上利用できる大口のキャッシングも商品化されています。

 

それではキャッシングの特徴はどのような点なのでしょうか。

 

借入限度額がある

キャッシングには利用できる借入限度額が設定されています。
借入限度額に空き枠があれば、基本的にいつでも自由にお金を借りることができます。

 

一度借入を利用しても返済により借入限度額に空き枠が生じれば、いつでも自由に追加で借入することができます。
金銭契約は「当座貸越契約」と呼ばれる方式で契約を行います。

 

資金使途が問われない

借入限度額の範囲内であれば、借りたお金はある程度利用者の裁量により使うことができます。
お金の使い道(資金使途)が自由な点もキャッシングの特徴です。

 

ギャンブルや投機性資金目的でなければ、何に使うのか借入都度申告する必要もありません。
旅行代金・書籍購入・生活資金の足し・飲み会代などそれぞれ自由に使うことができます。

 

無担保・無保証

小口融資であるキャッシングは、基本的に「無担保・無保証」です。
借入に際し担保を提供したり、保証人を準備する必要はありません

 

逆にいえば担保や保証人に頼った利用はできない、ということです。
あくまで利用者本人の収入が大切になってきます。

 

手軽に利用できる

他の個人融資に比較して、手軽に利用できるのもキャッシングの特徴です。
資金使途が自由な分、借入申込時の提出書類も少なく、手続きも簡単に行うことができます。

 

審査時間も短く、早ければ30分程度で結果を知ることができます。
申込みから契約・借入まで早ければ1時間程度で済ませることができるのです。

 

申込みを行ったその日に融資を受ける「即日融資」を売りとしたキャッシングも多く商品化されています。

 

このように便利づくめのキャッシングですが、あくまで借金であることにはかわりありません。
利用前にはきちんと返済計画を立てるとともに、不要な借入は控えるようにしましょう。