キャッシング

キャッシングとクレジットの違いとは?

ちょっとしたお金の出費にキャッシングは便利に利用することができます。
キャッシングでは借入に専用のカードを使用します。

 

審査に合格すると借入専用のカードが発行されますので、そのカードをATMやCDに投入して現金を引き出すことで借入が成立します。

 

財布の中にたくさんのカードを保有されている方も多いのではないでしょうか。
その中の「クレジットカード」と「キャッシング」の違いは御存じでしょうか。

 

普段の生活でも利用する機会の多い「クレジットカード」と「キャッシング」の違いを正確に説明することはできますか?

 

キャッシングは「お金を借りる」

キャッシングとは「お金を借りる」ことを指します。
冒頭で述べたように借入専用のカードで直接お金を借りることを意味します。

 

最近ではカードを使用しないで、指定した金融機関の口座に融資金を振り込むことのできるキャッシングも増えています。
インターネットや電話から簡単に申込みができ、多忙な方でも安心して利用できるようになっています。

 

いずれにしても直接お金を借りることには変わりありません。

 

クレジットカードは「お金を立て替える」

クレジットカードはお金を借りるのではなく、商品購入時にカードを提示して支払い代金を立て替えることを指します。
その代金はクレジットカードを発行している信販会社などが立替、後日会社を通じて利用者に代金が請求される仕組みです。

 

また公共料金や携帯電話代金の支払いなどにも利用できます。
返済方法は通常翌月一括返済ですが、リボ払い(分割返済)などを指定することもできます。

 

リボ払い(分割返済)の場合には一定の手数料(利息)を支払う必要があります。

 

クレジットカードの「キャッシング枠」

クレジットカードは代金を「立て替える」カードですので直接お金を借りることはできません。
ただし、最近のクレジットカードには「キャッシング枠」が付与されているカードも増えています。

 

代金立替の「ショッピング枠」とは別に、お金を借りることのできる「キャッシング枠」が設けられています。
この「キャッシング枠」を使用すると、ATMやCDでお金を借りることも可能です。

 

通常はクレジットカードの申込み時にキャッシング枠を設定するかどうか確認されます。
申込書などにチェックを入れるなどして意思表示を行うようになっていますので、必ず確認するようにしましょう。

 

クレジットカードの現金化に注意

最近よく見かける商法に「クレジットカードの現金化」があります。
クレジットカードのショッピング枠を使用して商品を購入し、その商品を業者が買い取ることで現金を手に入れることができるという商法です。

 

ただしこの行為は違法にあたります。
クレジットカードで購入した商品を転売することは禁止されています。

 

クレジットカード会社との規約にも違反する行為で、万が一自己破産などを申請した場合、免責されることになります。
この場合、借金だけが残ってしまう結果と成りかねませんので、決して誘いに乗らないように注意しましょう。