キャッシング

キャッシングの金利を比較してみよう

「キャッシングでお金を借りるならできるだけ低金利で」
誰もがこのように思われるでしょう。

 

そのためには、なるべく多くの情報を入手し、比較・検討することが重要です。
まずは、大手キャッシングの金利と借入限度額を比較してみましょう。

 

銀行キャッシング

  • 住信SBIネット銀行Mr.カードローン(プレミアムコース): 10〜1,000万円:2.49〜7.99%
  • 住信SBIネット銀行Mr.カードローン(スタンダードコース):10〜300万円:8.99〜14.79%
  • りそなプレミアムカードローン:50〜800万円:3.5〜12.475%
  • りそなクイックカードローン:30〜100万円:12.475%
  • イオン銀行カードローン:30〜800万円:3.8〜13.8%
  • みずほ銀行カードローン:10〜1,000万円:3.5〜14.0%
  • 楽天銀行スーパーローン:10〜500万円:4.9〜14.5%
  • 三井住友銀行カードローン:10〜800万円:4.0〜14.5%
  • 三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック:10〜500万円:4.6〜14.6%
  • 東京スター銀行スターカードローン:10〜500万円:4.5〜14.6%
  • オリックス銀行カードローン:800万円:3.0〜17.8%
  • じぶん銀行じぶんローン:10〜500万円:3.9〜17.5%
  • 新生銀行カードローン レイク:1〜500万円:4.5〜18.0%
  • ジャパンネット銀行ネットキャッシング:10〜1,000万円:2.5〜18.0%

 

消費者金融キャッシング

  • オリックスカードレスVIP:30〜800万円:3.0〜16.6%
  • オリックスVIPローンカード:30〜800万円:3.0〜16.8%
  • プロミス:1〜500万円:4.5〜17.8%
  • ノーローン:1〜300万円:4.9〜18.0%
  • モビット:1〜800万円:3.0〜18.0%
  • アコム:1〜500万円:4.7〜18.0%

 

金利を比較するなら「最上限金利」

A社:金利3.0〜18.0%

B社:金利10.0〜15.0%

 

この2社の金利を比較する場合、どちらを選択するべきでしょうか。
適用される金利は条件により異なりますが、この場合は「B社」を選択するべきといえます。

 

一見「A社」が低金利に見えますが、最上限金利を比較すると「B社」が低くなっています

 

一般的にキャッシングの適用金利は借入限度額が大きいほど低くなる傾向があります。
しかし多くの場合、とくに初回利用者の場合には、商品の最高借入限度額が適用されることはほとんどありません

 

最初はせいぜい100万円程度の借入限度額の設定となることが多く、その場合適用される金利は最上限金利に近いものになります。
最下限金利が低いキャッシングは魅力的に見えますが、金利を比較する場合には「最上限金利」に注目するようにしましょう。

 

銀行キャッシングと消費者金融キャッシング

金利の比較は「最上限金利」という法則によると、銀行キャッシングが消費者金融キャッシングに比較して低金利であることがわかります。
消費者金融の最上限金利は18.0%前後が多いですが、銀行の場合は15.0%前後の先が多くなっています。

 

一概にいうことはできませんが、やはり全体的に「銀行は低金利、消費者金融は高金利」の傾向が強くなっています。