キャッシング

キャッシングを延滞したら?

キャッシングは最後まできちんと返済するのが大切です。
しかし長期に渡る返済には、様々なトラブルが発生することもあります。

 

思いもかけない事情で、どうしても返済できなくなることもあるでしょう。

 

延滞に対するペナルティー

万が一キャッシングが返済できなくなり延滞状態になると、どのようなペナルティーが科せられるのでしょうか。
まずは「延滞利息」を支払わなくてはいけません

 

「延滞利息」は通常の金利よりもはるかに高く設定されており、そのほとんどは法律上で認められている上限の「20.0%」となっています。
この延滞利息は日割りで発生しますので、わずかな遅れでも大きな負担になってきます。

 

またキャッシングを延滞すると「個人信用情報」に登録されます。
1日遅れるとまず「延滞情報」が記録されます。

 

その後返済が行われないと、長期延滞(概ね3ヶ月以上)として「事故情報」が記録されます。

 

「延滞情報」「事故情報」ともに返済を行っても一度記録されると一定期間(約5年以上)はその情報は消えることはありません。
仮に入金を行い延滞を解消したとしても、その記録は一定期間保存されることになります。

 

この間は他の借入、キャッシングに限らず住宅ローンなどの個人ローンや、クレジットカードの審査でも悪影響を与えます。
とくに「事故情報」が確認される利用者に対しては、まず審査に合格することはできません。

 

延滞になりそうな場合には

どうしても毎月の返済が遅れるような状況では、どうすればいいのでしょうか。
まずは真っ先に借入先(キャッシング会社)に相談するようにしましょう。

 

それも延滞を発生させる前に相談することが重要です。
「頑張ってもこのままでは返済できません」という理由を正直に相談するようにしましょう。

 

その理由によりますが、場合によっては返済方法の変更に応じてくれることもあります。
一定期間毎月の返済金額を減額したり、利息のみの支払いに変更してくれる可能性もあります。

 

もちろん「今後どのように返済していくのか」がポイントとなりますので、現状と今後の対応をよく考えながらお互いの妥協点を見出すように努めましょう。
一番いけないのは、延滞のまま放置することです。

 

日割の延滞利息が膨らんでいくだけでなく、キャッシング会社としても自社の債権を回収するべく、あらゆる手段を講じてきます。
資産や給料などを法的に差し押さえし、粛々と回収を行っていきます。

 

キャッシングではお互いの信用関係が大切です。

万が一返済できない状況になっても、その信頼関係を大切にしておけば、何らかの方法で解決できる可能性も高くなるのではないでしょうか。